債務整理を家族に秘密にできるか

どうやって債務整理を行なうかで難易度がちがいます。仮に任意整理をするならその手つづきをすべて自分でやろうとさえしなかったらほとんど家族にばれることはありません。しかし、個人再生や自己破産の手つづきでは、世帯収入や資産の公開が必要となることから、隠し切るのは至難の業です。

一方、職場には、借りたお金の整理の方法が何であっても内密にできます。借金をすべてチャラにできるという自己破産であっても、免責されないものも存在します。債務整理が基づく法律が破産法ですが、そこに規定された非免責事項は支払義務がなくなることはありません。代表的なものとしては各種税金、養育費、罰金などがあります。

一方、一緒くたにしてしまい沿うになりますが、養育費は免責されないのに対し、離婚で発生した慰謝料は免責になる場合があります。

債務整理を弁護士や司法書士に任せたいにも関わらず、費用を確保するのが無理沿うだという場合は例えば法テラスの相談対応を受けてみるのはどうでしょうか。

法律についての問題なら、法テラスは頼れる公的機関になります。
借金の問題については無料相談を実施していますし、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度を実施しており、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を立て替えることで、一挙に高額の支出をせずに済むようにしてくれます。

たしかにはじめてなら無料で相談に乗ってもらえますが、本当に債務整理の手つづきを進めるためには、どこの事務所でも着手金が不可欠です。

金額は決まっていませんので、依頼先によって差はあります。

それと、裁判所の管轄である自己破産と個人再生では、手つづき終了時の報酬についても先に確定していることが多い為すが、弁護士をとおして減額交渉する任意整理の場合は、減額内容によって最後の精算はかなり変化します。 借金 滞納 差し押さえ